Entry: main  << >>
積み重ねの大切さ

こんにちは!もうすっかり涼しくなり、空が高くなり、秋を感じる日々がやってきましたね。

コペルではレッスンが始まる時に「○月○日、月合唱、季節」を言ってから歌をうたうのですが、

子供達が季節が変わると「今は秋だよね!」と言ってくれます。

それだけではなく、秋になるとどんな虫が出てきてどんな花が咲き、果物は何が美味しいのか。にこにことお話してくれます。

昔より四季を感じるのが難しい中で、子供達の敏感なアンテナには驚きの連続です。

 

それぞれのクラスも半分が終わり、来年の四月になれば皆はまた一つお兄さんお姉さんになります。

私が月島教室のクラスを持つようになって二年目になりましたが、気分が乗らない時でも

「ご挨拶はきちんとする、物を大切に扱う、人に酷いことを言わない」この三つは守って貰えるように繰り返しレッスンの中で伝えてきました。

週に一度しか会わない私の言葉はちゃんと伝わっているのか、悩んでしまう事もありましたが子どもたちは、今では

「かっこよく挨拶出来るよ!」「こうしたら壊れちゃうから優しく使うんだよね」「もっと優しく言わなきゃダメだよ」

と、こちらから伝える前に、理解して実行してくれています。

素晴らしいと思うのは、どうしてそうするのか、という理由もきちんと理解してくれている所です。

「先生に言われたからやる」のではなく、相手を思いやる気持ちから自発的に行動してくれているんですね。

 

レッスンの後、「どんなに言っても伝わらない」と悩んでいるお母様、お父様からご相談を受ける事もありますが、

子供達にはきちんと伝わっていると私は思いますので、今までのように愛情たっぷりで大切な言葉をお子様の心に積み重ねていってくださればと思います。

 

運動会のシーズンで、楽しいお話や悔しかったお話。精一杯頑張った子どもたちからのお土産話で楽しい空気いっぱいの月島教室でした♫

| コペル 月島教室 | 16:04 | comments(0) | - | - | - |
Comment